とんぼ鍼灸院 | 日記 | 加齢性黄斑変性症  (症例から)


2020/03/02
加齢性黄斑変性症  (症例から)


85才男性です。
手首から肘の痛みで来院された患者さんに
昨年8月から黄斑変性の治療をしています。

目の疲れが取れなくなったと言っていたら
上記疾患だと診断された。
鍼で何とかならないかと相談を受け治療開始!
右視力が0.15まで落ちて視野欠損とユガミが出ている。

治療は眼精疲労を取りF2F6+H5F5を中心に、
内臓の調整とその都度の症状を解消するもの。

病院ではビスダイン注射とレザー照射を3回やった。
当院へは週に1回を基本に今回で10回目となる。

視力が0.8まで回復してドクターも首をかしげるほど回復だといわれた。
患者さんは井穴刺絡のお陰だと喜ばれ
網膜の回復段階の連続写真をもって報告に見えた。

治療は回復のきっかけ作り。
治ったのはご自分の体力、気力、治癒力ですよ!と
楽しくお話しさせてもらいました。
視力の心配が減って何より何よりデシタ!




> 日記の一覧に戻る


[0]店舗TOP
ペ-ジの一番上へ戻る

街のお店情報
PCサイト

[PR]
ステンドグラス みずまち
ルナノッテ
佐野電気
ニコニコレンタカー広大病院前
Kitchen (キッチン)